最新情報

ソフトバンク プリスマ
プリスマとは?
プリスマとは、「プリペイド式スマートフォン」の略語で、ソフトバングが提供するスマートフォン向けのプリペイド携帯・・・
ソフトバンク プリスマ
プリスマとプリモバイルの違い
ソフトバンクモバイルではプリスマとプリモバイルの2種類がプリペイド式携帯電話として販売されています。このプリス・・・
ソフトバンク プリスマ
プリスマの使い方
ソフトバンク「プリスマ」の使い方は、とっても簡単です。まずはソフトバンクのオンラインショップかソフトバンクショ・・・
ソフトバンク プリスマ
プリスマ購入方法
プリスマの購入方法は2つあります。最寄りのソフトバンクショップへ出向き購入する方法とソフトバンクの公式オンライ・・・
ソフトバンク プリスマ
プリスマの機種変更について
ソフトバンクが提供するプリペイド式携帯電話サービス「プリモバイル※」から「プリスマ」への機種変更は可能です。プ・・・
ソフトバンク プリスマ
プリスマ購入、利用できるまでの流れ
プリスマを注文し、プリスマホが届き、利用できるまでの流れをご説明します。プリスマ購入方法については以下のページ・・・
プリスマの設定方法
プリスマの初期設定方法(1)
プリスマをソフトバンクのオンラインショップで購入した場合、USIMカードの挿入や利用開始手続き、プリスマホの初・・・
プリスマの設定方法
プリスマの初期設定方法(2)
プリスマの初期設定方法(1)では、プリスマが自宅へ届き、プリスマの開始手続きまでの初期設定方法をご説明しました・・・
プリスマの設定方法
プリスマの初期設定方法(3)
プリスマの初期設定方法(1)では、プリスマが自宅へ届き、プリスマの開始手続きまでの初期設定方法をご説明しました・・・
プリスマ専用パケット定額
メールし放題やパケット定額通信について
プリモバイルにあった「メールし放題」というサービスはプリスマでは利用できません。このサービスは登録残高から30・・・

プリスマとは?

プリスマとは、「プリペイド式スマートフォン」の略語で、ソフトバングが提供するスマートフォン向けのプリペイド携帯電話サービスの名称です。これまでソフトバンクは「プリモバイル」という名称で、いわゆるガラケータイプのプリペイド式携帯電話サービスを提供してきました。しかしスマートフォンの普及で3G通信対応のAndroid携帯電話が利用可能になりました。残念ながら今のところLTE通信やiPhoneには対応していません。

プリスマは月々の基本使用料が不要で、3,000円分、5,000円分のプリペイドカードを購入し、プリペイドカード番号を登録することで金額分の通話が利用できます。但しカードの有効期限、電話番号の有効期限があり、一定の期間で利用しなかった場合はカードや電話番号が無効になる仕組みになっています。その点を注意して利用する必要があります。

プリスマが利用できるサービスは、通常の契約したスマートフォンとほとんど変わらず、通話や国際電話はもちろん、S!メールやSMS、3Gパッケト通信も利用可能です。3Gパッケト通信は「プリスマ専用パケット定額サービス」が用意されています。「プリスマ専用パケット定額サービス」には3つのプランがあり、2日プラン、7日プラン、30日プランと利用に合わせて選択できます。

そしてソフトバンクWi-Fiスポットも利用できるためインターネット通信も快適におこなえます。「プリスマ専用パケット定額サービス」の利用方法はプリペイドカードの登録残高があれば、スマートフォンに指定の番号を入力するだけで利用できます。

プリスマは他社で利用していた携帯電話番号をそのままで乗り換える携帯電話番号ポータビリティー(MNP)が可能です。そして以前利用していたスマートフォン端末もSIMカードを購入することでプリスマとして利用が可能です。スマートフォン端末を持っていない方も10,000円分無料チャージが付いたスマートフォンをオンラインショップなどで購入できます。プリマス専用の機種は「STREAM 201HW 3G」、「PANTONE 5 107SH」、「LUMIX Phone 101P」、「Disney Mobile on SoftBank DM012SH」、「Disney Mobile on SoftBank DM011SH」が販売されています。(2013年11月現在)

SoftBank 3Gのプリペイドサービス「プリモバイル」から「プリスマ」へのサービス変更にも対応し、電話番号やメールアドレスを引き継ぐことも可能です。これまでガラケータイプの携帯電話を利用されていた方もスムーズに移行できるサービスなので便利です。

期間限定!事務手数料3,150円が無料!!⇒ソフトバンクのプリスマ詳細はこちら!

プリスマとプリモバイルの違い

ソフトバンクモバイルではプリスマとプリモバイルの2種類がプリペイド式携帯電話として販売されています。このプリスマとプリモバイルの違いは何かをご説明します。

2つのサービスの大きな違いはパケット通信ができるか否かです。プリスマはスマートフォン向けのプリペイド式携帯電話ですので3Gパケット通信が可能です。しかしプリモバイルは通話をメインとしたサービスのためパケット通信ができません。

利用できる端末にも違いがあります。プリスマはスマートフォンですが、プリモバイルはフィーチャーフォン、いわゆるガラパゴス携帯です。プリモバイルでもスマートフォン型が販売されていますがパケット通信ができないタイプです。但しWi-Fi機能がありますので、Wi-Fiネットワークを利用すればインターネットへの接続は可能です。

その他にもプリスマとプリモバイルの違いを比較したものです。
スマートフォンの方はこちら(画像)

「プリスマ」と「プリモバイル」の比較表

サービス プリスマ プリモバイル
無料チャージ 10,000円 なし
無料チャージ利用有効期間 120日間 -
パケット定額サービス
無料お試し期間
2日間 なし
残高上限 12万円 6万円
利用有効期間上限 最大360日間
通話 9円/6秒
メールし放題 加入不要 300円/30日間
パケット定額サービス 3プランから選択可
(2日プラン/7日プラン/30日プラン)
なし
フィルタリングサービス ウェブ安心サービス
スマホ安心サービス(無料)
なし
電話番号有効期間 利用有効期間終了日の翌日から360日間

出典:ソフトバンクモバイル

ご覧のようにプリスマとプリモバイルには様々な違いがあり、メリットとデメリットがあります。まずはご自分が利用する目的でどちらのサービスにするか選ぶ必要があります。インターネットを利用しWebサイトの閲覧がメインという方やLINEアプリなどを使ったコミュニケーションを目的とする方はプリスマを選んだ方が良いでしょう。しかし通話やメールしかしないという方は維持費が断然安いプリモバイルが良いでしょう。

プリスマとプリモバイルはチャージ残高がなくなっても1年間は電話番号が有効です。そのため着信専用として端末が利用できます。プリモバイルはチャージ残高がなくなれば発信ができませんが、プリスマの場合はアプリをダウンロードできますので「050plus」などのインターネット電話が利用できます。アプリ同士であれば通話は無料ですし、月額315円を支払えば、Wi-Fiネットワークを利用して固定電話へも電話がかけられるメリットもあります。

メールはプリモバイルが断然安いです。月300円で「メールし放題」に加入でき、約1ヶ月間利用ます。しかしプリスマの場合は「パケット定額サービス」に加入している期間でしか「@softbank.ne.jp」のメールアドレスが利用できません。メールを1ヶ月間利用するためには30日プランの加入が必要になるため割高になります。但しGmailやYahoo!メール、hotmailなどのフリーメールを利用すれば、「パケット定額サービス」に加入しなくてもメールは可能です。

使い方次第ではプリスマが絶対にお得ですし、色々な使い方ができます。あなたの生活スタイルにあったサービスを選んでください。

今なら事務手数料が無料!!⇒ソフトバンクのプリスマ詳細はこちら!

プリスマの使い方

ソフトバンク「プリスマ」の使い方は、とっても簡単です。まずはソフトバンクのオンラインショップかソフトバンクショップで「プリスマ」対応のスマートフォンを購入します。2013年11月現在では、「LUMIX Phone SoftBank 101P」、「PANTONE5 SoftBank 107SH」、「STREAM SoftBank 201HW 3G」、「Disney Mobile on SoftBank DM012SH」、「Disney Mobile on SoftBank DM011SH」、5種類のスマートフォンが発売されています。

「プリスマ」対応のスマートフォンには10,000円分の無料チャージが付いていますので、初回はプリペイドカードの購入は必要ありません。手元に端末が届いた後、すぐに利用できます。

また、以前使っていた3G対応のAndroid携帯電話も、SIMカードを購入することで利用可能です。SIMカードを購入後に3,000円か5,000円のプリペイドカードを購入します。そのカード番号を入力することで、「プリスマ」のサービスを開始できます。

「プリスマ」プリペイドカード

「プリスマ」プリペイドカード

具体的に「プリスマ」の使い方をご説明します。プリペイドカードを購入後、カードの裏にあるスクラッチ部分を削りカード番号を確認します。そしてスマートフォンで「1400」にダイヤルしカード番号を入力します。入力後に利用可能な残高と利用有効期限、電話番号の有効期限についてのアナウンスが流れ登録完了です。これでサービスが開始され通話ができるようになります。

ただし、これだけでは通話しかできません。メールや3Gパケット通信をおこなうには、別途サービスに加入する必要があります。

メールし放題やMMS、SMS、デコレメールの利用料は300円の定額制で、一定期間のメール送受信が可能です。登録残高が300円以上あれば番号を入力するだけで利用でき、登録後300円が引き落とされます。具体的な使い方ですが、携帯電話で「1400」にダイヤルし、メールサービスの設定番号の「4」を押します。そしてメールサービスの申し込み番号「1」を押し、最後の「#」を押すとアナウンスが流れ申し込みが完了します。

この「メールし放題」サービスなどは「プリモバイル」には対応していますが、残念ながら「プリスマ」では利用できないサービスです。プリスマでメールやMMS、SMSを利用したい場合は、「プリスマ専用パケット定額サービス」に申し込む必要があります。

3Gパケット通信をおこなうには「プリスマ専用パケット定額サービス」に加入する必要があります。プランは3タイプあり、2日間で945円、7日間で2,835円、30日間で7,350円です。登録残高があれば番号を入力するだけで利用できます。対象となる通信は3Gパケット通信、S!メール(MMS)、SMSで、加入期間中はソフトバンクWi-Fiスポットも利用できます。

もちろん、LINEアプリやSkypeアプリ、Twitter、facebookアプリを使った通信も可能です。

「プリスマ専用パケット定額サービス」プラン

「プリスマ専用パケット定額サービス」プラン

「プリスマ専用パケット定額サービス」の使い方、設定方法ですが、まずスマートフォンで「1400」にダイヤルします。「プリスマ専用パケット定額サービス」設定番号の「4」を押します。2日プランなら「1」、7日プランなら「2」、30日プランなら「3」を押します。最後の「#」を押すとアナウンスが流れ申込みが完了です。使いすぎると通信速度の制限がかかりますので気を付けてください。

以上が「プリスマ」の大まかな使い方です。一般的な契約のスマートフォンと比べて自分で設定する部分が多いですが、使い方に慣れると難しくはありません。気軽にスマートフォンを始めるには最適なサービスではないでしょうか?

期間限定!事務手数料3,150円が無料!!⇒ソフトバンクのプリスマ詳細はこちら!

プリスマ購入方法

プリスマの購入方法は2つあります。最寄りのソフトバンクショップへ出向き購入する方法とソフトバンクの公式オンラインショップから購入する方法です。

最寄りのソフトバンクショップを利用する場合は、住んでいる地域の店舗へ行き、プリスマ購入に必要な書類の記載します。そして持参した本人確認に必要な書類を提示し申し込みをします。本人確認に必要な書類はソフトバンクのサイトに記載されていますので確認してください。ほとんどの方は運転免許証があれば問題ありません。

プリスマの審査を通過し、希望するプリスマ対応端末の在庫がある場合は、当日に持ち帰ることができます。そして無料チャージ分を利用し、購入当日から利用できます。最寄りのソフトバンクショップはソフトバンクのサイトで検索できます。

次にソフトバンクの公式オンラインショップでの購入方法です。公式オンラインショップは送料無料で24時間いつでもプリスマを購入できます。新規購入・のりかえ、機種変更の場合でも利用可能で、貯まったポイントも利用できますので便利です。

まずオンラインショップにアクセスします。ソフトバンクの公式オンラインショップへアクセスするとプリスマに対応したスマートフォンが掲載されています。そのプリスマの中から好きな機種を選び、「申し込む」ボタンをクリックします。

プリスマ購入サイト

プリスマ購入サイト

次のページへ進むとプリスマホの基本情報や購入にあたっての申し込みの流れ、初期費用、購入時の注意事項などが記載されています。費用や注意事項を読み、納得した上で申し込みを続けてください。

プリスマ購入時注意1

プリスマ購入時注意

購入時の注意事項の中で契約解除料、いわゆる違約金の支払いについて書かれています。契約解除料は悪までも、プリスマ購入時に発行された電話番号をMNPした場合と1年以内にソフトバンクプリペイドサービスの解約手続きをおこなって解約をした場合のみに発生します。

登録残高らがなくなり、リチャージせずにプリスマを使わず長期間放置し、利用有効期限が過ぎてしまった場合には、契約解除料、違約金を支払う必要ありません。この点を間違わないようにしてください。

記載された項目を読み終え、一番下にあるカラー選択にチャックを入れて、「申し込む」ボタンをクリックします。

プリスマ違約金について

プリスマ違約金について

次のページへ進むと「個人情報の取扱・購入時のご注意」が記載されていますので「同意」にチェックを入れ、あなたの情報を入力します。オンラインショップの本人確認書類の送付には郵送、FAX、メール送付と画像をアップロードする方法があります。

おススメは画像をアップロードする方法です。運転免許証や保険証を携帯電話やスマホ、デジタルカメラで撮影し、その画像をオンラインショップからアップロードします。 本人確認書類に関するご注意事項はサイトに掲載されていますので確認してください。

プリスマ申込画面

プリスマ申込画面

最後に申し込み内容を確認してボタンをクリックしてプリスマの購入完了です。申し込み後に入力したメールアドレスにメールが届きますで再度確認してください。後日、プリスマが自宅へ届きます。無料チャージ分が付いているので、届いたその日からサービスが利用できます。

とにかく早くプリスマを利用したい方は実店舗へ行き契約をした方が良いと思います。忙しくて時間がない方は、送料無料で24時間いつでもプリスマを購入できる公式オンラインショップが非常に便利です。

期間限定!事務手数料3,150円が無料!!⇒ソフトバンクのプリスマ詳細はこちら!

プリスマの機種変更について

ソフトバンクが提供するプリペイド式携帯電話サービス「プリモバイル※」から「プリスマ」への機種変更は可能です。プリスマへの機種変更手続きはソフトバンクのオンラインショップではできませんので、お近くのソフトバンクショップへ出向く必要があります。

そして機種変更には契約事務手数料が1,995円(税込)かかります。但し、事務手数料無料キャンペーン実施中で、プリスマの機種を新規購入する場合は事務手数料は無料になります。(期間限定)

また「プリモバイル」から「プリスマ」へ機種変更した場合でも電話番号やメールアドレス(@softbank.ne.jp)は同じものを利用できます。そしてプリモバイルの登録残高は機種変更後も引き継ぎできます。パケット通信を使ってインターネットを利用したい方やLINEやSkype、ゲームなどのアプリを使用したい方はプリスマへの機種変更をおススメします。

しかし、ここで注意が必要です。「プリモバイル」から「プリスマ」への機種変更は可能ですが、「プリスマ」から「プリモバイル」への機種変更はできません。また、その他の契約からのプリスマへ機種変更は出来ません。

もし通常契約のスマホならば一旦解約し、通常契約で使っていたスマホ(3G Android携帯に限る)を持ち込みプリスマホにするか、新たにプリスマ対応端末を購入して新規契約することになります。この場合、電話番号やメールアドレスは引き継がれません。そのため電話番号やメールアドレスは違うものになります。

2013年12月現在、プリスマの対応機種として「LUMIX Phone 101P」、「STREAM 201HW 3G」、「PANTONE 5 107SH」、「Disney Mobile on SoftBank DM012SH」、「Disney Mobile on SoftBank DM011SH」の5機種が販売されています。この5機種のいずれかを購入するとプリペイドSIMカードが同梱されています。プリスマ本体を購入後にSIMカードだけ取り出して、別のスマホ(ソフトバンクの3G Android携帯)にSIMカードを挿入して機種変更することもできると思います。

プリスマのSIMカード

プリスマのSIMカード

SIMカードを挿入して機種変更する方法は、筆者が実際に試してみた方法ではありませんのでご了承ください。理論的にはSIMカードを別のスマホへ差し替えて使うことは可能ですが、詳細につきましてはソフトバンクへお問い合わせください。

※プリモバイルとはソフトバンクが提供するガラケー(フィーチャーフォン)の端末を使ったプリペイド式携帯電話です。音声通話とメールは可能ですが、パケット通信を使ってのインターネットは利用できません。

プリスマ購入、利用できるまでの流れ

プリスマを注文し、プリスマホが届き、利用できるまでの流れをご説明します。プリスマ購入方法については以下のページをご覧ください。

プリスマホ購入方法はこちら!→プリスマ購入方法

プリスマを購入するには、最寄りのソフトバンクショップかソフトバンクのオンラインショップで注文しますが、筆者はオンラインショップを利用してプリスマを購入しました。今回はオンラインショップで注文し、プリスマホが届き、通話などの利用ができるまでの流れをご説明します。

まず購入サイトで個人情報と本人確認証の画像をアップロードし、注文ボタンを押します。申し込みを終えると直ぐに、プリスマの「お申し込み受付のご連絡」というメールがソフトバンクのオンラインショップから届きます。

その後、本人確認作業がおこなわれ、プリスマの審査に通過すれば3日後には商品が発送されます。筆者の場合も注文して3日後にプリスマが発送され、次の日に自宅へ届きました。プリスマホが発送されると、ソフトバンクから「出荷完了のご連絡」という件名のメールが送られてきます。このメールはプリスマの利用に関しての重要事項が書かれていますので必ず目を通すようにしてください。

「出荷完了のご連絡」メール

「出荷完了のご連絡」メール

メールには、プリスマのサービスを利用するには「利用開始手続き」が必要だということが記載されています。そしてプリスマ出荷日から10日後までに「利用開始手続き」をおこなわれない場合は、ソフトバンク側で利用開始手続きを実施すると記載されています。

プリスマには購入時に2日間の無料パケット通信や10,000円分の無料チャージ分が付いています。「利用開始手続き」の完了と同時に、これらの有効期限が適応されるため、利用開始日時を明確にしているようです。ご自分で「利用開始手続き」をしなくとも、10日後にはプリスマが自動的に利用開始されますので注意が必要です。

そしてプリスマが自宅へ届きます。配送用の段ボールを開けるとプリペイドUSIMカードとプリスマの端末が入っています。

プリペイドUSIMカードとプリスマ

プリペイドUSIMカードとプリスマ

更に箱を開けると筆者が注文したプリスマ、「SoftBank 201HW 3G」です。

SoftBank 201HW 3G

SoftBank 201HW 3G

これがプリペイドUSIMカードのカードです。裏面には電話番号が記載されています。実はUSIMカードは赤枠部分で、この部分をこのカードから外してプリスマ本体に挿入して使います。

プリペイドUSIMカード

プリペイドUSIMカード

これがカードから取り外したUSIMカードです。この小さなプリペイドUSIMカードに電話番号などの情報がICチップに埋め込まれています。もし使わなくなったプリスマ対応のスマートフォンをお持ちであれば、このUSIMカードだけ購入し、差し替えればプリスマホになります。

USIMカード

USIMカード

そして、プリスマの「利用開始手続き」をおこない、USIMカードを挿入し、スマートフォンの初期設定をすれば通話やメールが使えるようになります。

プリスマ設定完了!

プリスマ設定完了!

色々と手違いがあり、少々時間はかかりましたが、無事に利用開始できました。もし設定方法が分からない場合でもサポートセンターがありますので安心してください。設定に不安がある方は、ソフトバンクの実店舗でプリスマを購入すると初期設定をおこなってもらえると思います。

期間限定!事務手数料3,150円が無料!!⇒ソフトバンクのプリスマ詳細はこちら!

プリスマの初期設定方法(1)

プリスマをソフトバンクのオンラインショップで購入した場合、USIMカードの挿入や利用開始手続き、プリスマホの初期設定はご自身で設定する必要があります。もし初期設定などに不安を感じる方は、最寄りのソフトバンクショップでプリスマを購入されることをおススメします。

しかしプリスマの初期設定は、これからご説明する手順でおこなえば、そんなに難しくはありません。プリスマ・プリスマホの初期設定方法をしっかりと覚え、これからのプリスマ・プリスマホ生活に役立ててください。

このサイトではプリスマをソフトバンクのオンラインショップで購入した場合の手順でご説明します。まずソフトバンクのオンラインショップでプリスマを購入します。

プリスマ購入方法についてはこちら!

プリスマを購入してから4日ほどで商品が自宅へ届きます。プリスマは「SoftBank」と記載された宅配用の段ボールに梱包されています。

プリスマは段ボールで届きます

プリスマは段ボールで届きます

段ボールを開けるとプリスマの本体とプリペイドUSIMカードが入っています。

プリスマホとUSIMカード

プリスマホとUSIMカード

まずはプリスマホを箱から取り出します。筆者が購入したプリスマは「SoftBank 201HW 3G」です。最初に持った感想は、バッテリーが挿入されていないので軽いと感じました。普段使っているiPhone5sより液晶サイズが大きいので、Webサイトやメール、LINEなどが見やすいのではと感じました。

SoftBank 201HW 3G

SoftBank 201HW 3G

そしてプリスマホの付属品がこちらです。バッテリー、ACアダプタ、充電用のUSBケーブル、イヤホンとプリスマご利用ガイドが付属しています。

プリスマホ付属品

プリスマホ付属品

プリスマ購入、利用できるまでの流れでもご紹介しましたが、これがプリペイド携帯電話のUSIMカードです。プリペイドカードとは違いますので、お間違えのないようにしてください。USIMカードは赤枠部分で、このカードから切り離して、プリスマの本体に挿入して使います。このカードの裏には電話番号が記載されています。これがプリスマの電話番号になります。

プリスマUSIMカード

プリスマUSIMカード

これらが全て揃っているか確認してください。プリスマの機種によっては付属品が違いますのでご注意ください。

届いた商品を確認後、プリスマの「利用開始手続き」をおこないます。この手続きをおこなうとで、2日間の無料パケット通信や10,000円分の無料チャージ分、電話番号の有効期限が開始されます。また利用開始手続きをご自分でおこなわなくてもソフトバンク側が利用開始手続きをおこない、10日後にはプリスマが自動的に利用開始されますので注意が必要です。プリスマの利用開始手続きは以下のサイトでおこなえます。

プリペイド利用開始のお手続き|ソフトバンク オンラインショップ

プリスマ購入後に送信されてきたメールに記載されている「お申し込み受付番号」、生年月日、注文時に記入したメールアドレスを記入し、「プリペイドの利用を開始する」ボタンをクリックするとサービスが開始されます。

この手続きが済むと、いよいよプリスマにUSIMカードを挿入し、プリスマホの初期設定をおこないます。初期設定の続きは「プリスマの初期設定方法(2)」「プリスマの初期設定方法(3)」をご覧ください。

プリスマの初期設定方法(2)

プリスマの初期設定方法(1)では、プリスマが自宅へ届き、プリスマの開始手続きまでの初期設定方法をご説明しました。このページではプリスマホの本体にUSIMカードを挿入し、プリスマの電源を入れる前までの初期設定方法をご説明します。

プリスマの端末によって設定方法が若干違いますが、今回は「SoftBank 201HW 3G」でご説明します。その他のプリスマの設定方法や取扱説明書はソフトバンクのサイトで確認できます。

SoftBank プリペイドサービスご利用前のお手続き・設定

まずはUSIMカードとバッテリーを挿入するために、201HWの本体を開きます。201HWは、ここにクボミがありますので爪などを入れて上下に開きます。他の機種でも同じように本体を開けられる構造になっています。それぞれの機種に合わせて作業をおこなってください。

「201HW」本体を開く

「201HW」本体を開く

本体を開いた画像がこちらです。ほとんどがバッテリーを装てんする場所です。

ここで注意したいことがあります。バッテリーはUSIMカードを挿入するまで装着しないでください。AC電源などを入れて作業をするとショートをおこしプリスマ端末の故障の原因になります。

「201HW」本体を開いた画像

「201HW」本体を開いた画像

この部分にmicroSDHCメモリカードとUSIMカードの挿入スロットがあります。microSDHCメモリカードは既に挿入されていますが、USIMカードはご自身で挿入する必要があります。

USIMカードスロット

USIMカードスロット

次にUSIMカードの挿入準備をおこないます。赤い部分がUSIMカードです。カードから取り外して使用します。

ソフトバンクUSIMカード

ソフトバンクUSIMカード

ご覧の通りカードを裏面にし、下から上へUSIMカード部分を押し上げて外します。ここで注意したいことは、USIMカードのICチップを指などで触らないようにしてください。キズがつくとUSIMカードが利用できなくなる可能性があります。もしキズがつき、利用できなくなった場合は、新たにUSIMカードだけ購入する必要があります。

USIMカード取り外し

USIMカード取り外し

USIMカードを取りはずした画像がこちらです。取り外した後の大きいカードは、電話番号など貴重な情報が記載されていますので、大切に保管してください。

USIMカード取り外した後

USIMカード取り外した後

次にUSIMカードをプリスマ本体に挿入します。ICチップを下にし、角が欠けている部分を後ろ側にして挿入します。USIMカードは最後までしっかりと挿入してください。挿入の仕方が甘いとカード情報が認識されず、プリスマが正常に動作しません。

USIMカード挿入

USIMカード挿入

USIMカード挿入はしっかりと!

USIMカード挿入はしっかりと!

最後にバッテリーを装着して、プリスマ本体を閉じます。そしてAC電源で充電しながら、プリスマの本体の電源を入れます。「Android OS」の設定は「プリスマの初期設定方法(3)」をご覧ください。その他の設定は「プリスマの初期設定方法(1)」でもご説明しています。

プリスマの初期設定方法(3)

プリスマの初期設定方法(1)では、プリスマが自宅へ届き、プリスマの開始手続きまでの初期設定方法をご説明しました。プリスマの初期設定方法(2)では、プリスマの本体にUSIMカードを挿入し、プリスマの電源を入れる前までの初期設定方法をご説明しました。

このページではプリスマの電源を入れ、「Android OS」を設定し、実際にプリスマが利用できるように設定します。

まずプリスマホの電源を入れます。このサイトでは筆者が購入したプリスマ、「SoftBank 201HW 3G」でご説明します。その他のプリスマの設定方法や取扱説明書はソフトバンクのサイトで確認できます。

SoftBank プリペイドサービスご利用前のお手続き・設定

プリスマ「201HW」の電源ボタンは左脇の上部にあります。このボタンを長押しすると本体の電源が入ります。もし電源が入らない場合は、AC電源を繋ぎバッテリーを充電してください。

プリスマの電源をオン!

プリスマの電源をオン!

プリスマの電源を入れると画面に「SoftBank」の文字が表示されます。

「SoftBank」の文字

「SoftBank」の文字

一時すると設定画面に変わります。詳細の設定を後にする方は左にある「後で設定」ボタンをタップします。設定をおこなう方は「進む」をタップします。
※スマートフォンでは液晶画面にタッチすることを「タップ」と言います。パソコンでは「クリック」と言われるものです。

タップして設定を続ける

タップして設定を続ける

「進む」をタップして設定を続ける場合、次の画面でGoogleアカウントの設定をします。Googleアカウントは、LINEアプリなどをダウンロードする「Google Play」で必要になりますので、アカウントを持っていない方は作成してください。「進む」ボタンをタップして次のページへ移動します。

Googleアカウント作成

Googleアカウント作成

次のページへ移動すると「Google Play」についての説明が表示されます。説明を読み「進む」をタップします。

「Google Play」について

「Google Play」について

もし、Googleアカウントの作成を後回しにしたい場合は「後で設定する」をタップします。そのままGoogleアカウントの設定をおこなう場合は「設定する」をタップして設定画面に進みます。但しアカウントを設定、作成するにはインターネットに接続する環境、Wi-Fiネットワーク環境が必要です。もしWi-Fiネットワーク環境ではない方や分からない方は「後で設定する」をタップして後ほど設定してください。

※Wi-Fiとは無線LAN通信のことです。ご自宅で利用する場合は、ご自身でWi-Fi機器をセッティングする必要があります。

Googleアカウントの作成選択

Googleアカウント作成選択

既存のGoogleアカウントをお持ちの方は「既存のアカウント」をタップ、アカウントを新規作成する方は「新しいアカウント」をタップします。

Googleアカウント選択

Googleアカウント選択

次にWi-Fi接続の設定画面になりますので、Wi-Fiネットワーク環境をお持ちの方はWi-Fiの設定をします。そして接続後、進んだページで必要事項を記入します。

Wi-Fi接続設定

Wi-Fi接続設定

Googleアカウントの設定が終わるとプリスマホの使い方ガイドの設定画面になります。「進む」ボタンをタップして次のページへ進みます。

使い方ガイドの設定画面

使い方ガイドの設定画面

プリスマホの使い方ガイドを常時表示したい場合は、「設定する」ボタンをタップし、設定を後回ししたい方は「後で設定」をタップします。

使い方ガイドを常時表示

使い方ガイドを常時表示

次のページで使い方ガイドを常時表示をオンにします。そして最後に「完了」ボタンをタップします。

常時表示をオン

常時表示をオン

すると「初期設定が完了しました。」というダイヤログが表示され、「今後、起動時に設定画面を表示しますか?」尋ねられるので、どちらか任意で選択してください。

初期設定が完了しました。

初期設定が完了しました。

そして最後に「My SoftBank」を利用するかを尋ねてきますので任意で選択してください。「My SoftBank」はメールアドレスの変更などで利用しますので、利用できるように設定することをおすすめします。それぞれのボタンをタップ後、指示に従って設定してください。

「My SoftBank」利用設定

「My SoftBank」利用設定

これでプリスマの設定が全て終わりました。画面を見るとホーム画面が表示されています。

初期設定完了!

初期設定完了!

そしてアンテナ部分を見ると「3G」と表示されパケット通信が可能になっています。このパケット通信はプリスマを初期購入した時に付いている「2日間の無料パケット通信」分です。メールアドレスの設定などはパケット通信を利用しておこないます。Wi-Fi通信では設定できない項目もありますので「2日間の無料パケット通信」の間に設定すると良いでしょう。

3Gパケット通信が可能

3Gパケット通信が可能

もし設定後にアンテナ部分に「3G」と表示されていない場合は、プリスマの「利用開始手続き」が完了していない可能性があります。プリスマの初期設定方法(1)でご説明した通り「利用開始手続き」をおこなってください。

これで通話やインターネット接続が出来るようになりました。念のためにプリスマの残高と有効期限を確認するため「1400」へダイヤルしてみます。するとアナウンスで、残高9,978円と有効期限が流れます。何も利用していないのに既に残高から22円が引かれています。これは電話会社が負担する1電話番号当たりの負担額、ユニーバーサルサービス料が引かれたためです。

これからプリスマ、プリスマホ生活を快適に過ごしてくださいね!!

その他の設定方法は「プリスマの初期設定方法(1)」「プリスマの初期設定方法(2)」をご覧ください。

メールし放題やパケット定額通信について

プリモバイルにあった「メールし放題」というサービスはプリスマでは利用できません。このサービスは登録残高から300円を支払うことでソフトバンクのS!メール(MMS)やSMSが一定期間、「メールし放題」でした。プリスマでは「プリスマ専用パケット定額サービス」というパケット通信サービスがあり、このサービスに加入することで一定期間はメールし放題になります。

反対にプリモバイルで利用できなかったインターネット、Webは閲覧できるようになりました。「プリスマ専用パケット定額サービス」で利用できるパケット通信は、S!メール(MMS)、SMS、3Gパケット通信です。またパケット定額サービスに加入中は「ソフトバンクWi-Fiスポット」も利用可能です。

「プリスマ専用パケット定額サービス」には3つのプランが用意されていて、2日間で945円、7日間で2,835円、30日間で7,350円です。プリモバイルの「メールし放題」は300円で最大30日間利用できましたからプリスマでは割高になりました。プリスマの場合、メールとSMSを利用したいと思ったならば、この「プリスマ専用パケット定額サービス」に加入するしかありません。メールだけできるパケット通信サービスはプリスマにはありませんので、この3つのプランから選ぶ必要があります。

もしメールだけ利用したいのであれば、「プリモバイル」というガラケータイプのプリペイド式携帯電話サービスを利用するしかありません。通話とメールだけで良いという方は、こちらの方が利用料金は抑えられます。

「プリスマ専用パケット定額サービス」はプリモバイルで利用できなかったインターネットが利用できます。プリスマは端末がスマートフォンですので3G通信対応であれば、3Gパケット通信が利用でき、インターネット、Webの閲覧ができます。しかも通信速度が速いのでストレスなく利用できます。またアプリも利用できるため、LINE、Facebook、Twitterなどの人気アプリが使えます。

但し4G、LTE通信はできませんので、4G、LTE対応端末はプリスマには使用できません。

更に「プリスマ専用パケット定額サービス」加入期間中は「ソフトバンクWi-Fiスポット」も利用できますで、動画閲覧、アプリのダウンロードもスムーズにおこなえます。

ソフトバンクWi-Fiスポット

ソフトバンクWi-Fiスポット

このマークのあるレストランやカフェ、飲食店で「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用できます。利用可能な飲食店はAMRIT、イタリアン・トマト、上島珈琲店、エクセルシオール、カフェ・ド・クリエ、CAFE;HAUS、Cafe Miyama、カフェルノアール、喫茶室ルノアール、珈琲館、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルドなど、ほとんどの飲食店で利用できますので便利です。

詳しい店舗情報はこちらをご覧ください→ソフトバンクWi-Fiスポットが利用可能な店舗

この「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用できることがプリスマの最大のメリット、良い点ではないでしょうか?通信速度はプリモバイルのデータ通信よりも3Gパケット通信が速く、3Gパケット通信よりWi-Fi通信の方が速いです。(※Wi-Fi通信の速度は施設の通信状況により違いがあります。)もしインターネット、パケット通信を快適に利用したい方は「プリスマ」を、メールや通話がメインで料金を抑えたいという方は「プリモバイル」をおススメします。あなたの利用状況でサービスを選んでは如何でしょうか?

期間限定!事務手数料3,150円が無料!!⇒ソフトバンクのプリスマ詳細はこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ